「フリーデイシュート」スマート機器が中国製品を繰り返し購入

【レポーター・チェン・ユフ/台北レポート】昨日、国の主要インフラである桃園空港のセルフサービス手荷物検査装置と部品が、チャイナアームズグループが製造した中国製品を使用してキックアウトされ、システムプログラミング言語も中国メーカーから提供されました。 。 DPP議員は昨日、中国共産党が台湾に深刻な侵入をし、中国製品を繰り返し購入して使用しており、機密データが漏洩するリスクがあると批判しました。戦前、中国共産党は重要なインフラストラクチャを麻痺させる可能性があり、法律を大幅に改正する必要があります。悪意のあるメーカーや個人を罰します。 …

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。