「祝福のために桃園まで歩く」は終わりに近づく

桃園市政府の前広場を去った「祝福のために桃園への散歩」の前大統領府副事務局長の羅志強氏は、国民党の桃園市長候補の張山正氏、議員の高神星氏などが出席した。彼に挨拶します。羅は次の会議を強調しました。2か月の「祝福がすべての台湾を歩くように祈ってください…」

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。