「緑と白」?黄珊溪大統領との交流:市民に良いものである限り、協力することができます

蔡英文大統領は昨日(25日)、最前線のエピデミック予防状況を理解するために台北栄民総医院を訪れました。台北市長のKo Wenzheは、ウーハン肺炎(新しいコロナウイルス病、COVID-19)と診断され、隔離されました。黄山山市長が市政府を代表しました。出席して同行し、2人は交流します…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。