チャイナテレビによる台湾への共産主義攻撃の不実表示、チェン・ヤリンの辞任は慰められ、周立法院は調査のために残されている

【記者徐悠文/台北報道】中国電視公司は20日、「新北市がCCP軍用ミサイル(飛行)に襲われた」と誤ってマーキーを仕掛けた。誤ったメッセージで国民はパニックに陥った。関係者は罰せられ、代理のゼネラルマネージャーのChen Yalinも昨日、代理のゼネラルマネージャーの地位を辞任したが、ChenYuxiu会長に慰められた。チャイナテレビジョンは19日、新北市消防署が義務付けた防災演習映像を録画したが、20日朝のニュースが放送されたとき、道を間違えて公演が放送された…。

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。