ドイツの「台湾センター」は、セクハラ事件に対応して華僑委員会から4時の声明に見舞われた

ドイツに住む台湾人のウー・ピニュ氏は、14日、個人のフェイスブックで、「ハイデルベルク台湾中国語学習センター」の元副所長の過去のセクハラについて多くの人が話し合ったことを明らかにした。外国大使館や華僑委員会の不作為、さらには「沈黙」の試みさえも。華僑委員会は本日、新しい…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。