ドイツの傍受された通信は、ロシアの民間人虐殺を確認します

【張平源編/総合報告書】ドイツのメディアは7日、ドイツの諜報機関がロシア兵の無線電話の内容を傍受したことを明らかにした。これは、ウクライナのブッチャの町で多くの人々が虐殺されたという事実と一致している。ロシア軍の撤退後、モスクワ当局はロシア軍が虐殺されたことを否定しました。残虐行為はここで犯されました。アメリカのメディアは、ブッチャの生き残った市民が、ロシア軍が最初に都市に入ったときは礼儀正しいと言ったが、後に彼らの態度を変え、無差別に民間人を殺し始めたと述べたと引用した。 DerSpieg…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。