バイデン政権が米上院外交委員会にブレーキを踏んで台湾政策法案の見直しを遅らせるよう働きかけたとの噂

【陳成亮、毛毅、魯逸軒記者 編集・総括報告】 米上院外交委員会は、委員長のメネンデス民主党下院議員が提案した「台湾政策法」を3日目に審議する予定だった。フィンランドとスウェーデンのNATO加盟提案の承認処理を優先し、台湾政策法の見直しを9月まで遅らせる。 『ブルームバーグ』は4日、バイデン政権が「台湾政策法」法案の見直しを民主党上院議員に働きかけていることを明らかにした…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。