フェニックスガーディアンを経済省による行政制裁として特定

【記者陳玉風/台北レポート】「鳳凰衛星テレビ」台北駅は5月14日閉鎖、政府が「株式保有構造が規制に準拠していない」と判断したため、台湾人従業員25名全員が解雇される。双方は半年間失敗を調整しました。本土問題評議会は、経済省が「フェニックス衛星テレビ」を中国の資金による企業として認めていることを確認し、台湾に支店を設立することは、海峡を越えた規制に違反することを含み、投資の停止、撤回、または修正します。国家安全保障局の調査によると、Phoenix Satellite TVMediaGroupは2021年に株式を保有しています…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。