ブリンケンスピーチポンペオ:CCPの悪を無視する

記事全体が「外交官」のように聞こえ、習近平はそれを「青信号」と見なす[ヤン・チェンユ記者/包括的報告]米国務長官ブリンケンは26日、ジョージワシントン大学で中国政策演説を行い、中国は「国際秩序に対する最も深刻な脅威」。長期的な挑戦」であるが、米国は紛争や新たな冷戦を求めておらず、北京の政治体制を変えようともしていない。この点で、ポンペオ元国務長官は、スピーチ全体が「外交言語」のように聞こえ、直接指摘しなかったと信じています…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。