ラン氏は選挙を「他の副市長の事業をつかむ」と批判した黄珊榮:国民がそれを必要とするなら私は行く

台北市労働局長の陳新宇は昨日、国民党北市の評議員から、さまざまな労働組合との話し合いの中で黄珊淵副市長であることが明らかになり、陳が中立ではないと批判した。北市の同党員である王新義氏は今日の午後に質問し、北市の三副市長はそれぞれの監督義務を負っており、黄珊榮は分業を気にせず急いでいると指摘した。 。

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。