ロシアに対する制裁が緩和されれば、河野太郎国防相:北京を台湾に侵略させることへの恐れ

【在日リ・クイイ委員、国際報道センター/総合報告】日本の自民党広報相(宣伝)の河野太郎氏は、24日、中国共産党がロシアの侵略に対する国際社会の反応を監視していると指摘した。ウクライナ経済制裁の緩和により、北京は制裁は一時的なものに過ぎず、中国の台湾に対する侵略につながる可能性があると考えさせられます。産経新聞は、国防相・外務大臣を務めた河野氏がJR仙台駅にいたと報じた…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。