ロシア軍は、危機に瀕しているチェルノブイリ原子力発電所職員の居住都市を砲撃し続けています

ロシア軍がチェルノブイリ原子力発電所を占領した後も、周辺地域を砲撃し続けた。国際原子力機関(IAEA)のラファエル・マリアーノ・グロッシ所長は、このような攻撃は、原子力の安全を確保できる事業者を妨げると述べた。原子力発電所への往復旅行…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。