両岸規則改正法第1審

検査なしで中国に行く主要な技術者は1000万の罰金を科せられる[レポーターChenYufu/ Taipei Report]外資を装った中国資本と香港資本が台湾に侵入し、台湾のハイテク人材を密猟したり、国のコアキーテクノロジーを盗んだりする頻繁に報告され、国家安全保障に深刻な影響を及ぼしています。立法院の内務委員会は昨日の最初の裁判で「両岸人民関係規則のいくつかの条項の改正案」を可決した。人々が中国のアイデンティティを偽装して不法に来るのを助けるために中国の首都に頭を貸した場合台湾では、最大2500万元の罰金が科せられます。 …

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。