中国の学者を含む:NATOのアジア版は米国の決意を見ている

【記者ウー・シュウェイ/台北の報告】6月29日のNATO首脳会議で採択された新しい戦略的概念は、中国を「体系的な挑戦」と呼んでいるが、アジア版の集団防衛はまだ欠けている。国立台湾大学政治学部の陳志民准教授は昨日のインタビューで、東アジア版のNATOは発展できないと指摘し、歴史的な絡み合いや日韓間の領土紛争などの要因がそれを引き起こした。統合することは不可能であり、日米豪印戦略対話(QUAD)はインドの軍事同盟になることはできません。英米三者の安全保障パートナー」…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。