中国は米国を叱るが、台湾の黄秀芳を抑圧する:媽祖でさえ我慢できない

彰化県市長候補の黄秀芳氏は今日(4日)、社頭郷の天門宮に行き、天の聖母に敬意を表し、国家の平和と平和を祈り、最近の中国による台湾への頻繁な攻撃について、彼女は中国が米国を叱ったと述べた.国は復讐せず、代わりに台湾を取った 怒りをぶちまけると、媽祖でさえ、善をいじめることを恐れるだけです…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。