中国共産党の東部戦域司令部は、台湾東海岸沖の実弾が終了し、海上および航空管制が解除されたと主張している

中国人民解放軍は本日正午から7日正午まで台湾周辺の海空域を選択して実弾射撃演習を行い、わが国国防部は中国共産党が周辺海域に複数のミサイルを発射したことを先に確認した。午後 1 時 56 分頃から、台湾北東部と南西部から東風」シリーズの弾道ミサイルを発射した。しかし……

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。