中国共産党の無人偵察機が2日連続で金門に入り、今夜さらに4機の無人偵察機がやってきた

中国人民解放軍は本日、台湾周辺の海空域で弾道ミサイルや長距離ロケット弾の射撃訓練を実施し、さまざまな手段を使って防衛力を高めました。中国軍の金門防衛司令部は、ドローンが昨夜、金門島と北頂島の上空を 2 回飛行し、今夜はさらに 3 回の飛行があったことを指摘しました…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。