中国共産党の無人機による離島妨害の専門家: 対抗するための妨害装置を構築する

【土居民記者/台北レポート】中国人民解放軍は、3日目以降、金門、馬祖、東引などの離島にドローンを頻繁に飛ばしている。専門家は昨日、中国共産党の無人機による離島への嫌がらせが新たな常態になる可能性があると指摘した.国軍、海上パトロール、その他の部隊は、完全な行動、訓練、および責任の分割を策定する必要がある.彼らはまた、干渉装置の構築を検討することができる. CCPドローンの数.嫌がらせ…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。