中東人:選挙に勝つために直接対決

【記者鵬建里/苗栗報告】苗栗県中央委員会は昨日、苗栗県農地水資源局元苗栗管理部長の謝福宏氏を次期苗栗県市長に採用したと発表した。この点、苗栗県評議会議長のチョン・ドンジン氏は「後悔」を表明したが、改革を主張し、恐れることなく選挙に出馬し、最終勝利を勝ち取ると固く信じていた。中東津氏は、国民が望んでいるのは、民主主義の動向に適合し、村民のニーズに即座に対応でき、国民から信頼できる政治体制であると述べた。

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。