人材不足を解消する中国科学院は、人材採用のための「定期契約」を推進しています

【記者トゥ・ジュミン/台北報告】中国科学院は蔡政権と協力して「防衛自立」政策を推進し、近年、人員を50%近く拡大しているが、同時に直面している。多数のシニアタレントの引退の問題を抱えています。中国科学院は、「中国製の潜水艦潜水艦」や「中国製の高等教育用航空機」などの政策を実施することに加えて、精密弾薬の大量生産の仕事を担わなければならないと率直に言った。特別な予算。タスクが飽和状態になるだけでなく、人員の割り当ても改善する必要があります。コストとタスクの要件を考慮して、中国科学院は労働省と交渉する予定です…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。