以前、私は台湾のテクノロジー産業がハイエンドの研究開発のために中国に行くべきだと提唱しました.Zhang Shanzhengは親中指の選挙に反論し、それを信用しませんでした.

【記者 徐卓迅、鄭Shuting/桃園レポート】台湾海峡を挟んだ情勢は緊迫しており、国民党出身の桃園市長候補の張善正氏がかつて「台湾のテクノロジー産業は本土に進出すべき」と提唱していたことが明らかになった。 (中国)の高度な研究開発に向けた」という発言は、親中的な発言とみなされた。昨日のインタビューで、彼は「中国市場を利用して、わが国の力を構築する」ことを表現したかったことを明らかにしたが、民進党は選挙を利用するたびに名声を得たいと考えており、性格が良く破産する可能性のあるリン・ジジアンの世話をする必要があると述べています。張善正は昨日、関勝を祝うために大渓での祝賀会に出席しました…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。