全国およびその他の3つの財団が関連組織として確認されました

【記者呉正峰/台北報告】行政院財産評議会は、国民党の関連組織として、国籍、公民権、国家開発の3つの基盤を特定し、9千万元の資産を凍結した。三審議会はそれを受け入れることを拒否し、刑罰の取消を要求する行政訴訟を起こした。最高行政裁判所は昨日それを却下し、事件全体が確認された。党財産審議会が主導権を握り、党財産規則に従って3つの財団を調査した。2回の公聴会の結果、国民党の完全所有会社である「新玉隊」が9000万元を寄付して3つの財団を設立したことが判明した。評議会と3つの評議会がありました…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。