公立学校職員が退職して返済するための新制度の予備審査の主要な規定は保持され、交渉に送られる

行政院と考試院は、来年7月に初の公立教員の退職制度(新会員制度)を検討した結果、「個人会計制度」を採用することを決定した。立法院の合同会議は、本日(26)の第1回審理で「公立学校職員個人口座制度退職年金法案」などを可決した。

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。