労働支援協会が設立され、ヤン・ウェンケは経済の継続を叫んだ

【廖雪儒記者/竹県レポート】再選を争う国民党新竹県長の楊文科氏は昨日、労働支援協会を設立し、新竹県工会総連合会、産業総連合会など約千人の労働者が参加した。国民党新竹県党本部に集まった労働組合の代表は、支持を表明し、ヤン・ウェンケ氏は「経済は良好で、すべて順調だ」と述べ、4年前の選挙公約を果たしただけでなく、今後もさまざまな政策を推進していきます将来的には「科学技術の首都、幸せな竹の郡」を建設する予定です。ヤン・ウェンケは、多くの労働者の友人が現場に参加しているのを見たと言いました…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。