台湾の選挙では、候補者は個人的な問題について議論しています. 矢板昭夫: それは都市の進歩に役立たない.

九大総選挙が年末に行われ、日本のシニアメディアの矢板昭夫氏は、台湾に2年半住んでいると指摘し、彼の周りには「生活」に不満を持っている人が多く、家は高すぎる、小さすぎる、古すぎると考えています. しかし、ほとんどの問題は候補者の個人的な問題に関係しているため、彼はどうすることもできません…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。