台湾海峡の状況に対応して、現在の防衛民間人を台湾に派遣する予定です。

【日本・台湾委員会報告】日本の三景新聞は、日本が今夏、国防省から「現役」の文民職員を「安全保障局長」(現在引退した護身術官を務める)。台湾の軍事アタッシェに相当する)2人制を形成する。さまざまな関係者が現役の自衛隊員を駅に派遣するという期待にはまだギャップがありますが、現在の国防省の文民職員の配置は大きな進歩であり、台湾と日本の強化を目的としています。 ..

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。