国務院台湾事務局は、「両岸飛行地点の回復」MACに障害はないと主張している:真実ではない

両岸の旅客航空目的地の開設に関して、中国国務院台湾事務局のスポークスマンである馬暁光は本日(15)、「DPPは評価の必要性を繰り返し表明しているが、階段があり、誰も降りませんでした。」本土には障害物はなく、DPPは企業に親切に対応する必要があります。

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。