国務院台湾事務局は、再統一後、統一派が本土問題評議会を担当することになると述べた:それは北京によって設定された道を決して受け入れないだろう

中国国家評議会の台湾問題局の副所長である劉純川は、昨日北京で開催された「夢を実現するための中古-両岸同胞交流」で、「統一後、支援するすべての台湾同胞は祖国の統一は本当に台湾の国の支配者になるでしょう。本土問題評議会のスポークスマン。QiuChuizhengは今日台湾の人々が…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。