国務院台湾事務局は、強い地震の航空機と船が台湾のチェン・スユエを混乱させ続けていることを懸念している:猫は泣き、ネズミは慈悲を偽る

9.18 台東大地震の後も余震が続き、国務院台湾事務弁公室の朱奉聯報道官は「深い懸念と哀悼の意」を表明し、中国の恐ろしい顔と心を見抜く…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。