国務院台湾事務局は、18歳の市民権を「独立を求める憲法の改正」として窒息させている議員:私の国の内政に干渉しないでください

立法院は先週、18歳の市民権修正法案を可決し、投票権の基準を18に引き下げました。これは国民投票の対象となります。国務院台湾事務局のスポークスマンである朱鳳蓮は本日、「私たちの態度は一貫して明確であり、いかなる形の「独立を求める憲法の改正」にも固く反対している」と述べた。

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。