国務院台湾事務弁公室は、シャオ・メイチンが一つの中国の原則をあからさまに挑発したとして怒って叱った。

【陳玉福記者・台北レポート】ナンシー・ペロシ米下院議長の台湾訪問後、中国国務院台湾事務弁公室の馬暁光報道官は、台湾の駐米代表であるシャオ・メイチン氏の名前を挙げて批判した。 「一つの中国の原則をあからさまに挑発し」、台湾の同胞を危険な奈落の底に追いやったとして、歴史的計算の対象となるだろう.中国本土問題評議会のスポークスマンであるQiu Chuizhengは、誰を制裁したいのか、それは意味がないと指摘しました!海峡の両側は互いに従属していないため、台湾は中国共産党の管轄下にありません。 Ma Xiaoguangは、Xiaoが…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。