国家安全局の報告:「台湾に何かがあるなら、日本にも何かがある」、中国の脅迫に対する抵抗を高めている

【記者呉秀偉/台北報告】国家安全保障機関は、立法院の外務・国防委員会で、東アジア情勢と国家安全保障緊急対策に関する特別報告書を提出する。国家安全保障局の報告によると、日本は徐々に「台湾で起こっていることは日本で起こっていることを意味する」という雰囲気を形成し、CCPを抑止する能力を積極的に高めてきた。国防総省の書面による報告は、CCPの東方への拡大を封じ込め、地域の支配を統制するために、米国のインド太平洋戦闘準備の展開はロシア・ウクライナ戦争によって調整されていないと指摘した。国防省:メイウェイ..

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。