国立台湾大学から修士号を取り消された林志堅は、フェイスブックで自分の気分を明らかにした:議論の余地はない

国立台湾大学は昨日(9日)記者会見を開き、民進党桃園市長候補の林志堅氏が論文を盗用したことを確認し、林志堅氏の修士号の剥奪を決定した。 9日)、彼は「非常に重い」と「疑いの余地がない」と自分に言い聞かせています…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。