国連総会決議は、ロシアと中国との休戦協定を棄権することを求めています

【周宏文編/総合報告書】米国国防次官コリン・カールは、ロシアがウクライナに侵攻した後、「ある程度」中国の「戦略的負担」になりつつあると24日指摘した。同日、国連総会は、ロシアがウクライナとの戦争を「直ちに」停止することを要求する別の圧倒的で拘束力のない決議を可決することを決議し、140か国が賛成、5か国が反対、38か国が中国を棄権した。カールは、ウクライナの侵略が…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。