国防省:主要な兵役政策は慎重でなければならない、周燕は議論を続けている

元米国防長官のエスパー氏は昨日、私の国の防衛についての見解を表明し、国防予算を大幅に増やし、強制奉仕の期間を延長し、若い男性と女性が1年間奉仕することを認めるべきだと示唆した。国防省は本日、主要な兵役政策の形成は慎重にフォローアップされるべきであり、あらゆる分野からの意見が継続的に収集され、議論されると述べた。もの……

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。