国防総省、台湾問題を中国事務所に持ち込む

サリバン北京上院議員に間違ったシグナルを送る恐れ:まずい考え【張佩源・楊成宇記者 編集・総合報告】 米政治ニュースサイト「ポリティコ」は16日、米国防総省が管轄の行政改革を実施したと報じた台湾問題を担当し、前トランプ政権時に設置された中国の下でのオフィスに含まれていました。この動きは、トランプ政権時代に米国の国会議員や当局者から批判を浴び、中国を闇の中に留めておく可能性のある「悪い考え」と呼んだ.

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。