大佐は共産党軍にいたときにお金を受け取った.彼は署名を収集し、横領で起訴されるべき.

[呉正峰記者/台北レポート]捜査局は、陸軍歩兵訓練司令部作戦研究開発局の最高研究責任者大佐から、セルになることを約束する「降伏の誓約書」にディーンに署名するよう情報を受け取った戦時中の中国共産党の「祖国に奉仕する」. 興泰昭首席が調査を派遣したが、我が国の法律のギャップのために、非戦時におけるこの行為を処罰することは不可能であった. 事件全体がかつてボトルネックに陥った. . 幸いなことに、検察官はシャン・ディーンが署名した「領収書」を発見し、汚職の可能性がありました. 犯罪で起訴され、そして…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *