太保市長選挙 物理的な衝突の噂: 鄭書芬と戴光宗の陣営が相互傷害を制御

【蔡宗勲記者/嘉義報告】嘉義県の太保市長選挙は熾烈を極め、一昨日の夜12時頃、無党派市長候補の鄭淑氏が戸別チラシを配布し、民進党はこれを黒字とみなした。市長候補戴光宗の陣営. その後、両者の間に口論と物理的な衝突がありました. 警察が彼らを拘束した後、両陣営は誰かが負傷したと主張しました. それぞれが医者に行った後、彼らはお互いに怪我をしたと非難した.大広宗…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *