安倍台湾に対する武力行使を断念せざるを得ない:米国、日本、その他の国々は彼らの意欲を示さなければならない

【編纂/総合報告書】昨日東京の「大手町サンケイプラザ」で開催された「台湾通信社」の公開フォーラムで、安倍晋三元首相が再び「台湾に何か」の可能性について懸念を表明した。彼は、米国、日本、台湾、および日米豪印戦略対話(クワッド)のメンバーは、中国が台湾の統一を力ずくで放棄するための条件を作らなければならないことを強調した。北京は力ずくで台湾を再統一することから、しかしまた明らかに展示…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。