幹部は国家安全保障法に違反して政党を解散させましたか?議員:政党を廃止することは民主主義のイメージを損なうかもしれない

【記者謝淳林・太平報告】「政党法」の改正については、政党幹部が国家安全保障などの犯罪を犯した場合、政党が廃止されるか否かに関わらず、与党議員は未定である。一部の議員は、政党が台湾政権の崩壊に関与している場合、それは厳しく罰せられるべきであると信じているが、それが政党を解散する段階に達しているかどうかはまだ議論の余地がある。政党は「結局のところ、政党を廃止することは私たちの民主主義のイメージに物議を醸すだろう」と慎重でなければならない一方で、安全保障法と厳しく罰せられる。 …

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *