当選後も数秒で停職となり、陳朝明は「県知事に立候補しない旨の声明」を出した。

国民党の陳朝明議員は、太六会社の元社長である李恒隆氏に対する贈収賄事件における司法の不当な判決に不満を抱き、苗栗県の治安判事の選出を求めた。しかし、今日、彼は「郡知事に立候補しない声明」を出し、村人に申し訳なく思った.

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。