彼の発言が明らかになったときの張山正の怒り:緑のキャンプの赤は林志堅を救うためだけです

台湾海峡両岸の情勢は緊迫しており、国民党桃園市長候補の張山正氏は過去に「台湾の技術産業は本土(中国)に行って高度な研究開発を行うべきだ」と主張していたことが暴露された。外の世界では中国寄りの発言と見なされていた; 張善正は今日 (4 日) の夜にインタビューを受けて明らかにした.

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。