愛国同心協会は、中国の賄賂を使用して、5月に3年の刑を宣告された張秀江に投票しました

【記者ウェン・ユデとチエン・リジョン/台北レポート】4年前の9対1の総選挙で、愛国同心協会の会員であり、中国民主進歩党の事務局長であるチャン・シュウエが台北市議会に立候補した。しかし、彼と同心協会の会長は中国民主党の党員でもあり、議長の周青潤は選挙を賄うために夕食会を開き、周は法案を支払った。最初の例では、張は5月に3年、6月の水曜日に3年の刑を宣告され、どちらも3年間公権を奪われました。2番目の例では、周の死で起訴が却下され、張は棄権を求められました。そして国を去った。共同パネルは元の文を支持した。ほとんど…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。