憲法を改正し、審査官を廃止し続けますか?学者陳明翔:国民党が「神のマスターカード」をあきらめることは不可能です

立法院は本日(25日)「18歳の市民権」憲法改正案を可決し、年末の総選挙で国民投票を行う。しかし、游錫卿立法府、民主進歩党グループ、人民党グループ、タイムズパワー党グループを含め、憲法改正委員会が引き続き機能し、試験の廃止について議論し続けることを期待している…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。