本土問題評議会は立法院にメッセージを送り、香港とマカオから台湾への高校生の開放は「システムへの自信」であると述べた

香港とマカオの高校生が台湾に留学することを緩和することをめぐる論争を明確にするために、本土問題評議会は最近、政府は国家の安全を厳しく管理しなければならず、台湾社会は台湾社会がすべきであるというメッセージを議会に提出した。また、中国本土の学生の経験に基づいて、香港とマカオの学生は台湾に来るべきだと言って、「システムの自信」を示しています。台湾が無料の教育を受けた後、…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。