朱建泉少佐は約3000万のボーナスの最初の裁判で無罪となった

【王ディンチュアン記者/新台北報告】陸軍少将の朱建文は、国防部軍備局第202工場所長在任中に下士官3名に27,880,000元以上のボーナスを不正に請求するよう指示したとして告発された。朱と他の4人はそれぞれ4万から11万元のボーナスを受け取り、汚職犯罪条例に従って起訴されたが、裁判の後、新北部地方裁判所の合議委員会は昨日朱建泉を無罪と認定し、事件全体を訴えることができた。 「国軍生産およびサービス運用基金」によると、年次決定…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。