林悠嶺上級評議員は、候補者と町長との三者対立が形成されたと発表した。

嘉義県で最も人口の多い民雄郷では、DPPが現市長の黄芳蘭を次の市長に立候補するよう指名し、DPPを辞めた元県議会議員の黄家庵も市長に立候補する決意を表明した。郡議会は法案を検討しました、それはそれがそうするであろうと初めて言いました…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。