検証

【記者呉秀偉/台北レポート】国産の永英高等教育機が次々と空軍に引き渡され、中国科学院と漢翔の開発部隊が昨日台中沖で実弾射撃を開始した。台中高等教育機関が平和と戦争の転換効率を検証するために訓練爆弾を投下したのは初めてです。この件に詳しい人は、昨日、番号11002の永英高等教育機がセメント爆弾投下を無事に完了し、目標を達成したことを確認した。水産局の射撃報告によると、中国科学院は発表した…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。