武漢肺炎」東京の新規症例はわずかに減少し、沖縄は約2か月で1,200症例以上を追加しました

日本の武漢肺炎(新しいコロナウイルス病、COVID-19)の流行は広がり続けており、東京は本日、6,968の確定症例を追加しましたが、先週の同時期よりも約10%少なくなっていますが、7日間の平均は依然として前週よりも高くなっています。沖縄県は、2か月ごとに1日で1,200件以上の新規症例が追加された時期です。 …

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。