河野太郎は、アジア諸国に共通の価値観を守るためのメカニズムを確立するよう呼びかける

【記者ル・イシュアン、ヤン・チェンユ、ファン・ジンガオ/台北報告】国連などの国際多国間組織の運営が注目されている。河野太郎元日本外相は昨日の「ケダグランフォーラム」で、国連はできないと述べた。拒否制度により独裁者に侵入し、行動を起こし、改革を行うべきである。 NATOのインド太平洋への拡大に関する議論に関して、河野氏はまた、日本がオーストラリア-英国-米国安全保障同盟(AUKUS)に参加する可能性について言及し、アジアで同様の考えを持つ国々の間で何らかのメカニズムが必要であることを強調した。 …

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。